夢と現の境界
お出かけ三昧!自称多趣味なアウトドア人間の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6/13~14 南紀・熊野

今週の土日で、南紀・和歌山~三重・熊野まで旅行をしてきました(´¬`)
せっかく入った定額給付金、親に使われる前に使ってしまわなければ!的な考え
からはじまった今回の旅行でしたが、押さえておきたかったポイントは殆ど回る
ことができました。

ちなみに南紀・那智勝浦には、2月に友人と二人で行ったことがあります。

前回の旅行記は→こちら

今回の旅は私にとって、この時が超ハードスケジュールだった為回収しきれなかった
観光スポットをカバーするというのが主目的でしたw
そのため、前回の旅にて既に回ったスポットについては、今回は写真と詳細説明は
省かせていただきます。

相変わらず恐ろしく遠かったですが、良い旅でしたぞ!


長距離という事は既に把握済なので、お得意の早朝出発!今回は4時半でした。
伊勢湾岸道~東名阪に入り、紀勢道を通り大内山ICにて国道42号へ。
この辺りは変更のしようがありませんからねw

途中、吉野熊野国立公園・七里御浜の獅子岩という所に寄りました。
獅子岩
獅子と聞くと何故か最初にファラさんの獅吼爆砕陣が頭に浮かびますw
こちらの写真は南西から北東に向かって撮ったもので、日の出が獅子の口に
かかった時がベストショットらしいです。そんな時間にここに来れるのか非常に
疑問ですが、是非一度は見てみたいものですね。

すぐ横にあった、花の窟神社という所へも行ってみることに。
花の窟神社
こちらも紀伊山地の霊場と参詣道の世界遺産の一つで、大きな岩が
御神体として、信仰の対象でした。どうやらイザナミノミコトの逝地らしいです。
本当かどうかはわかりませんけどねw

そのまま南下し、新宮にて熊野速玉大社、那智勝浦にて熊野那智大社・
青岸渡寺・那智の滝まで回りました。以前来たときには朝早かった為空いて
おりましたが、今回は昼頃だった為ツアー客と被ってしまい、激混みに('A`)
やはり、有名スポットには早めの到着が理想ですね・・。
ちなみにバス停留所にて知多バスを発見。さすがに萎えましたなw

那智山の途中にある熊野古道の入り口「大門坂」今回は寄ってみました。
大門坂1 大門坂2
駐車場も大きく、熊野古道の入り口としては有名なスポットですが、それでも
少し歩けば似たような光景が広がりますw
ここでは入り口で貸し衣装もやっているらしく、平安衣装を着て撮影している
女の人もおりました。ああいうのも良いですねぇ(´∀`)

ここまで来てふと、行きたいスポットが頭を過ぎりました。前回は時間的に断念
してしまった、本州最南端スポットです。今回を逃したらもう当分来ることはないと
思い、ナビにて距離を調べると・・・往復77km、片道40km弱でした。行ける!
という事で、予定には全くなかったのですが、急遽ハンドルを串本方面へ。

途中、橋杭岩という橋脚のように並んだ岩がありました。
橋杭岩
地盤は固いのですが海水が入り込んでいて足元がよくなく、撮影難でしたw

さらに車を南下させ、程なくして到着したのが、本州最南端、潮岬です。
潮岬1 潮岬2
この石碑を前に、涙を禁じ得ませんでした(つ∀`)先々週にも近畿最高峰とあった
ように、どうやら私、「最~」のスポットに非常に弱いようです。
灯台には行きませんでしたが、展望台にもかなりの人がおりました。

再び勝浦まで戻り、宿泊先であるホテル浦島へ。忘帰洞をはじめ湯巡りに
徹しておりましたが、途中からは割りと耐久戦でしたねw
とりあえず、夜布団で横になった直後すでに意識がなかった、という程度に
覚えていますw

二日目である14日は早々にホテルを後にし、瀞峡へと向かいました。
新宮にあるジェット船乗り場で船に乗り、熊野川とひたすら上流へと昇ります。
片道1時間くらいで、奈良と和歌山と三重の県境、瀞八丁へと到着しました。
瀞峡1 瀞峡2
瀞峡3 瀞峡4
そこには険しい自然の姿そのまま残っておりました。紀伊半島って本当に地形と
して凄いなと思います。地元の濃尾平野なんて何があるんだろう・・orz
大学時代のご近所であった昇仙峡も思い出しましたが、やはり規模が違いますな。
あとジェット船、意外に早かったですw船が弱い人には無理そうですね。

続いてどんどん山の中へと進んで行き、こちらも前回断念したスポットの一つ、
熊野本宮大社へと向かいました。
本宮大社1 本宮大社2
本宮大社3 本宮大社4
とりあえずこれで目標であった熊野三山を押さえることができました。満足です!
石段も那智大社よりはずっと少なく、周囲の道路も綺麗に整備されて完全に観光地
となっておりました。さすが世界遺産登録、町興し材料の効果は絶大そうです。
熊野信仰のシンボル、八咫烏にちなんでか、サッカー関係の願掛けが多く見られ
ました。

帰路の途中、熊野市紀和町の丸山千枚田に寄ってみる事に。千枚田は以前
県内の所に行ったことがあるのですが、こちらは全国区で有名な千枚田です。
丸山千枚田1 丸山千枚田2
途中の道は田舎で、とにかく本当に到着するのか不安でしたが、実際に着いて
みると、確かに規模の違いに驚きました。見に来ている人も結構たくさん
いましたからね。これなら本当に千枚くらいあるかもしれないですw

そのまま熊野まで出て、あとは42号北上→高速にて帰宅しました。
途中伊勢関~四日市間で1時間程度の渋滞に巻き込まれてイライラしておりました
が、その他は終始順調で予定よりもスムーズに行程が進みました。
自宅には夜8時前には到着。疲れを心配して明日は有休を取っておいたのですが、
この時間に帰ってこれるなら、有休いらなかったなと今思いますw
やはり日帰りと一泊では、時間的余裕が違いますね。経済的負担も違いますが!

次回和歌山行くときは、高野山にでも行ってみたいです(´ー`)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/06/14(日) 21:38:12|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://metalslime.blog43.fc2.com/tb.php/343-9bb1c39c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。