夢と現の境界
お出かけ三昧!自称多趣味なアウトドア人間の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8/8~9 群馬・草津(前半)

先日の土日である8月8、9日で、群馬県・草津温泉へ旅行してきました(´ー`)
私自身、群馬県へ足を踏み入れるのは初めてです。見るもの全てが新鮮で
あった為、相当数の写真を撮ってきてしまいましたw
かなりの情報量になりそうだったので、全後半別けて記します!
詳しくは追記にて~♪


目的地が群馬県という事で、詳しい所要時間は不明でしたがかなりの時間が
かかるのは確実!という訳で出発はいつものように、4時でしたw
もうこの出発時間に体が慣れてきました。6時出発プランではぬるすぎです。

伊勢湾岸道→東海環状鞍ヶ池PAにて休憩(これは突発的!)、中央道→
長野道梓川SAにて朝食をとり、上信越自動車道東部湯の丸SAにて最後の
休憩をとりつつ、佐久ICより降りて下道・鬼押ハイウェイへ。

しばらく走ると、最初の目的地である浅間山山麓・鬼押出し園へ到着しました。
着いたのが9時頃、かなりの休憩を挟んだ事を考えると、なかなかのペースで
とばしてきたようですねw
鬼押出し園1 鬼押出し園2
浅間山より流出した溶岩が固まってできた地形のようで、相当ごつごつして
荒々しい様相でした。地質のせいで根が張れないのか、大きめの木が殆ど
無かったのを覚えています。右写真後方が浅間山なのですが、残念ながら
雲が掛かっており頂を望む事はできませんでした。
ちなみに浅間山、日本百名山の一つながら、現在活火山として活動中の山
であり、一般人は立入禁止となっているようです。う~ん残念!
鬼押出し園3 鬼押出し園4
寛永寺の別院もありました。浅間山の景観とは対照的に、北側の展望は
空に雲がかかりつつも開けており、壮観でした(´¬`)

その後はそのまま鬼押ハイウェイを北上、草津白根山を目指します。
途中、嬬恋高原の牧場にも立ち寄りました。
嬬恋高原1 嬬恋高原2
レストハウスは割りと人で混みあっていましたねwやまと豚の串焼きを思わず
購入してしまったのですが、なかなか美味しかったです(´¬`)
高原だけあって風が心地よく、夏場はこういう所が良いですね~

ナビの目的地設定を白根山山頂にしていた為、目的地から外れて山の裏側へ。
山頂がすぐそこに見えていたため思わず撮影してしまいましたw
白根山1
すぐ先に見えるのが白根山山頂です。ここまで車で来ることができるので、
山としては本当にお手軽なレベルですねw
目的地を再設定し直し、白根山・湯釜へと向かいました。
白根山2
周りには湿原が広がっており、人はかなり多かったです。白根山の湯釜も
駐車場から15分程度登った所にあるのですが、お年寄りからヒールを履いた
女性の方まで、歩くのに不安を覚える人達もそこそこ居ましたねw
湯釜
こちらが白根山・湯釜です。火山の泉質が溶け出しているのでしょうか、鮮やか
なエメラルドグリーンの池でした。御嶽山の山頂付近にもこんなのがあったのを
かすかに覚えています・・・
普段そう簡単には見られない光景なので感激でしたが、標高はここまで来ると
かなりのものです。風が吹くと寒さを感じるくらいでした。

ここからは高原をひたすら下り、目的地である草津温泉へと向かいます。
空吹1 空吹2
途中、空吹と呼ばれる、岩場から火山ガスが噴出しているスポットがありました。
流れる川には泉質が溶け出し、白濁色となっていました。完全に温泉です。
白根山から草津に向かう途中の山道は殺生ヶ原と呼ばれ、この空吹が道路脇
のあちこちに見られました。そして一面、硫黄臭がたちこめます。
もうとにかく臭い!('A`)この匂い、ダメな人には本当にきついと思います。
まぁそもそも、硫黄臭がダメという人が草津温泉に行くという事自体が
話にならないだけでしょうけどねw

草津温泉付近まで降りてくると一旦硫黄の匂いは収まり、小腹が空いたので
昼食としてケンタッキーに寄りました。しかしこの時点でちょうど昼過ぎと、
時間的にかなり余裕があったので、途中の釣り堀に急遽寄ることにw
釣り堀
私自身、釣りはしないので釣り堀に行ったのは初めてなのですが、思ったよりも
凄かったですね。5匹釣るのに10分もかかりませんでした。旅館のチェックイン
時間の調整用に寄ったのですが、これでは時間潰しにならないww
魚と蕎麦
釣った魚はすぐ横の小屋で調理してくれます。こちらが意外と混んでおり、
焼くのを待つのに相当時間を要しました。時間潰しとしては結果オーライですw
まぁ釣り堀での釣れるペースが異常なので、混んでくれば調理側が回らなく
なってくるのは容易に想像できましたけどね・・w
ずっと食べたかった上州蕎麦も一緒に注文!なかなか旨かったです(´¬`)
蕎麦というと、信州のイメージしかなかったですからね。

そこから車で数分、今回の旅の目的地である草津温泉へと到着しました。
旅館は、湯畑目の前の大東館という所。到着したのが2時半とチェックイン
時間前に着いてしまったので、車を停め荷物だけ預けて、草津温泉街観光
へと繰り出しました。
湯畑1 湯畑2
草津といえばやっぱりここ!湯畑です。街中から温泉が溢れており、ベンチの
手洗いスペース的な所ですら温泉かけ流し状態。足湯や共同浴場もありました。
さすが日本一の湯量を誇る日本一の温泉街。私が今まで見てきた温泉街の
中でも、別格でした。当然、街中ほんのりと硫黄臭が漂っております。
金属は硫化して錆び易いので注意という看板もありました。温泉は素晴らしい
のですが、地元の人は苦労している面もあるみたいですね・・・w

まだ時間があったので、西の河原公園へ。
西の河原公園1 西の河原公園2
河原に水が流れており、所々に溜まっているのですが、こちら全て温泉です。
温度としては水が少し生温い程度だったり、とても手を入れられそうにない熱さ
だったりと色々でしたが、ここまで街中から温泉が吹き上がっていると、軽く
恐ろしさを覚えますねw
西の河原公園3
公園の一番奥には湯気が立ち上り、温泉として河に入って入浴しようと思えば
できてしまうような状態でしたwすぐ近くには露天風呂が作られていたのですが、
こちらは有料だったので、泊まりである私には無縁という事で今回はパス。

再び湯畑に戻ってくると、ちょうど湯もみと踊りのショーのチケット販売の時間と
なっておりました。という訳で、こちらのショーが行われる「熱の湯」へ。
湯もみ1 湯もみ2
前情報通り、早めに並んで一階最前列を陣取りました。湯もみと踊り自体は
おばちゃんがやっているので華やかさはありません。しかしこちらの湯もみ体験
は、草津に来ると決まってからずっとやりたかった事の一つでした。体験希望者は
早く並んだ者勝ち10名と言われた途端、子供やお年寄りを押しのけて3番目の
位置をキープ。無事湯もみ体験をさせていただきました(´¬`)
私、こういう場面において容赦はいたしませんw
ちなみに湯もみといっても、カヌーのオールのように回すだけで、ザブーンとなる
激しいアクションもあったのですが、それは体験ではやらせてもらえませんでした。
湯もみ体験の記念品も頂戴してきました♪
記念品
その後は旅館へと戻り、チェックインを済ませて部屋でまったりです。当然
温泉にも入りました!湯は湯畑で見た通りの白濁職で、非常にぬるぬる!
入っている間は最高なのですが、足元は滑るし、湯船から出た後はきちんと
洗い流さないと気持ち悪いですw

食事も済ませ、夜になった所で湯畑の夜景を見に再び外へ。湯畑がすぐ目の前
なので、ぶらっと出かけられるのは非常に良いですね。
湯畑夜1 湯畑夜2
夜なのにかなりの人で混み合っておりました。ぼんやりとしたライトアップに
湯気が立ち上り、昼よりも夜の景観の方が私としては好きでしたね(´ー`)
昼間は行かなかったのですが、湯畑のすぐ側にある光泉寺というお寺へ。
湯畑夜3 湯畑夜4
こちらから夜の湯畑が一望でき、草津の温泉街に来た事を再認識です(゚∀゚)
この後は雨が強くなってしまったので、部屋飲み用の酒を焼き鳥を購入した後
部屋で晩酌を済ませ、就寝となりました。

初日は群馬観光(主に山)を満喫できましたヽ(´ー`)ノ
二日目の行程は後半編にてご紹介します♪

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/08/10(月) 09:36:48|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://metalslime.blog43.fc2.com/tb.php/354-ba941f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。