夢と現の境界
お出かけ三昧!自称多趣味なアウトドア人間の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4/29 四国日帰りの旅

友人S「GW空いている日はあるかい?どこか出かけないか?」
私「29日なら空いてるよ。うどん食べにいこう!」
友人S「おすすめのうどん屋があるのかい?行ってみたいね~」

こんな軽い気持ちでのメールのやり取りから始まった今回のプラン、
設定された目的地は・・・
行程
日本一の饂飩特産、旧讃岐国・香川県!

ちなみに私の現時点での車での日帰り最長距離は、東京・台場までの
片道約350kmです。
とにかく、理論上は行けなくはない!というだけで決行に移すことになった今回の
旅ですが、所用で愛媛県にも少し行くことになり、片道約480kmの超行程!
日帰りの限界に挑みます♪


まずは朝3時半出発にて、愛媛・四国中央市へと向かいます。
愛媛に向かった理由はというと、半年前に四国旅行をした際、愛媛銘菓として
お勧めとの情報を得た「霧の森大福」というものを買いたかったのですが、
その時は旅行日程と店の休日が被ってしまった為に断念。
通販でも手に入るのですが、送料1500円と高かったのでこちらも断念。
では香川まで行くなら、ついでに愛媛まで行ってしまおう!となったのです。
実際にはついででも何でもない距離だったのですが、四国の地理をあまり知らない
愛知県民にとっては、香川の坂出も愛媛の四国中央も似たようなものですっ!w

・・・とまぁこんな理由で、その「霧の森大福」が人気で売り切れるという事
だったので、開店時間10時に照準を合わせ、朝3時半出発が決定しましたw

しかしGW初日という事を甘く見ていました。四日市~亀山間も問題なく流れて
磐石かと思われたこの出発時間でしたが、大阪の吹田JCTにて約6kmの渋滞に。
やはり日本の誇る万年渋滞JCTはレベルが違いましたね(´д`)
流れてはいたので30分弱で渋滞は抜けられました。逆に早朝出発だったからこそ
この程度の渋滞で済んだと思わなければいけませんね。

神戸JCTからは山陽自動車道です。この道は半年前に広島付近をすこーし走った
だけで、がっつり走行するのは今回が始めてでした(´ー`)
山陽道は瀬戸内の街中を抜けるので、中国地方を抜けるには山の中を走る
中国自動車道が便利~という考えでしたが、何てことはありません、
山陽道も十分山の中でしたw
この辺りから天候もすっかり良くなり、渋滞も全く無く快調に飛ばせました!

途中岡山の吉備SAにて休憩。ここには多種のきびだんごが売られていました。
今はフルーツきびだんごなんてのもあるんですね・・w
我々は黄粉のきびだんごを購入。旨し(´¬`)

倉敷からは瀬戸中央自動車道となり、暫らく走ると、そこに見えるのは
3本ある本州四国連絡橋の元祖、瀬戸大橋です!
瀬戸大橋1
こちら車より友人にお願いして撮影してもらったものです。瀬戸内の独特の形状
をした島々を下に、瀬戸大橋が伸びております。絶景ですなぁ!
天候が晴れてくれた事にも実に感謝ですヽ(´ー`)ノ
途中、与島という島にPAがあったので、そちらに寄る事に。
瀬戸大橋2 瀬戸大橋3
うーん、この眺めも壮観ですな!PAもそこそこ設備は整っており割とおおきめで、
お土産も揃っておりました。我々はまだ行き行程の途中なので、先を急ぎます。

瀬戸大橋を渡ればそこは香川・坂出です。本来はここが目的地のはずなのですが、
さらに高松道を西へ。川之江JCTより高知道へ入り、新宮IC下車してすぐの所に
あるのが、今回の最遠方目的地である愛媛・四国中央市の「霧の森」です。
到着が10時半くらい。休憩や渋滞ありましたが片道7時間で来ることができました。
霧の森1 霧の森2
ここは小さな公園のような作りになっており、のどかな風景が広がっていました。
ここの菓子工房はそこそこ人がおり、目的の大福が売っておりました。
お一人様3箱までとの事だったので、迷わず3箱購入!w
愛媛の人に聞くと、このように狙って来ないと入手は難しかったとの事。
目的が達成できてよかったです(´ー`)

しかし四国の山間部はひどいですね。国道を少々走ってみたのですが、奈良南部
を彷彿とさせます。我がヴィッツですらギリギリの道なのに、なんとバス停が!
こんな所にバスが来れるのかと疑っていると、帰りに村営バスに遭遇。
本当に集落を少し離れると、ド田舎の未開の地が広がっていました・・w

再び高松道で香川・坂出まで戻り、目的のうどんを食します!
通常の店舗もたくさんあるのですが、今回は敢えて製麺所タイプを選択しました。

まずは1店目・坂出の彦江製麺所です。
こちら前回行ったのですが相変わらずで、本当に製麺所の一角、店舗という雰囲気
が全くありません。出汁は薄口ですが、麺自体の美味しさはここが一番だと
思います。注文システム的に初めての人には難解でしょうけどw

次いで2店目・坂出の山下うどん店という所。
こちらも製麺所の一角なのですが、セルフうどん店に近い感じ。麺が太く出汁も
濃い目で味の絡みが良く、ツルッと食べられました(´¬`)
天ぷらが無くなっていたのが残念でしたが、値段の安さもGood。

3店舗目は、高松市街まで移動し、松下製麺所という所へ。
店は狭く、駐車場も殆どありませんwしかしうどんは食べ応えがあり、
トッピングで頼んだ温泉卵との相性は抜群!3杯目にも関わらず
本当に美味しく頂けました(*´-`)

ちなみに3店舗回っても、値段は600円程。ラーメン1杯よりも安いです。
香川県内ではラーメン屋を殆ど見かけませんが、納得できますよね。

この時点で昼3時半くらい。本来の目的も達成され胃袋も満たされた所で
帰路へと就きます。
帰りは明石海峡経由の予定だったので、高松道をさらに東へ進み、徳島県北部
の鳴門へ。行く予定はなかったのですが、せっかく来たのだからということで
大鳴門橋の下にある、渦の道へ行くことに。
渦の道
こちら私は半年前に来たのですが、渦を抜きにしても景色は大変良いです。
渦の見頃は3月下旬~4月の干潮時との事。時期的には丁度良かったのですが、
時間が干潮時とはずれていました。まぁ何も下調べせずに来ましたしねw
その割にはけっこう人はいました。
鳴門海峡1 鳴門海峡2
この日は終始風が強かった為、渦巻いている(ぽく見える)部分をいくつか確認。
いつか写真で掲示されていたような激しい渦潮を見てみたいものですねw

高速に戻り、大鳴門橋を渡り淡路島を北上します。淡路島意外と大きいですね。
淡路島北端にあるSA、淡路へと寄りました。
こちらは四国4県の名産・銘菓から神戸土産まで揃う魔のSAで、四国土産は
ここで買えばいいやという気になってしまいますw
とりあえず土産として注文されていた香川の讃岐しょうゆ豆という物を購入。
明石海峡大橋
目前には明石海峡大橋が架かっております。向こう側は本州。戻ってきました!

帰りは垂水から神戸経由で名神に乗り、そのまま帰ってきました。奇跡的にも
吹田や四日市付近の渋滞は全くなくスムーズ、半田着は午後9時半頃でした。
夕飯はそれからでしたけどね!うどんを長々と3回も食べていたので、腹が
減らなかったのです・・w

往復991km、意外とハードな行程だった事を実感です。運転が一人では日帰りは
不可能でしょうが、複数人いれば四国日帰りが全然可能な事が判明しました!
やはり讃岐うどんは地元で食べるより現地の方が遥かに美味しく、まだ行って
みたい店もたくさんあるので、また行く機会あることでしょうね(´ー`)
特に四国手前の岡山~倉敷は全然余裕で行けます!偕楽園や倉敷美観地区
程度であれば、そこまで構える必要なくても行ってこれそうです!w

何とか無事に全行程を終えることができました。この無茶な計画に付き合って
もらい、運転も手伝ってもらった友人には感謝です。

霧の森大福ですが、早速食べてみました(´¬`)
とても柔らかい口あたりで甘さも控えめ(鼻づまりのせいかもしれませんがw)
お土産用の銘菓以上に和菓子としてのお使い物にも使えそうなので、
今後は通販で取り寄せる機会もありそうです。
霧の森大福

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/04/30(金) 08:53:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

おいしそう・q・
  1. 2010/05/01(土) 00:01:48 |
  2. URL |
  3. ゆず* #-
  4. [ 編集]

実際かなり美味しかったです(´¬`)
最初は話のタネに~という感じでしたが、これならば
通販で購入するのもありだと思います。
  1. 2010/05/04(火) 07:00:32 |
  2. URL |
  3. metal-slime #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://metalslime.blog43.fc2.com/tb.php/390-d3c21087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。