夢と現の境界
お出かけ三昧!自称多趣味なアウトドア人間の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8/7~8 山陰

先日山陰まで旅行をしてきました。
目的地は島根県で、道中の目ぼしい観光スポットに寄ってくるというものです。

今回は愚かしいことに、まず距離や場所等をロクに調べず旅館だけ予約し、
行きたい所を列挙し、最後に時間調整という状態で予定が進んだのですが・・

「あれ、思ったより島根遠くね?」

気づけばいつも通りの過酷なスケジュールとなっておりましたw
過去に島根には一度、出雲大社に行ったことはあるのですが、他は初めての
スポットばかりでした。
詳しくは追記にて!


まずは朝2時出発です。いつもの事といえばいつもの事ですが、最初からこの時間の
出発予定だった訳ではありません。前述の通り、後からの時間配分を決めたので、
この時間に出発しないと目的の時間に旅館に入れなくなってしまうのですw

しかしこの時間出発にも関わらず、大阪の吹田JCTにて15kmの渋滞に(´д`)
お盆連休の初日だけあって、考えることは誰でも同じですね。
結局渋滞を抜けられたのが、予定より1時間遅い朝5時でした。

中国道~舞鶴若狭道に入ってからは順調で、途中西紀SAにて朝食を取り、朝9時
に兵庫県香美町にある、餘部橋梁へと到着しました。
餘部橋梁1 餘部橋梁2
こちらの橋梁は明治時代に建設された大型の鉄橋で、朱色の鉄橋と日本海の景観が
良いとの事でした。しかし今は新しいコンクリート橋が架けられ、鉄橋は撤去作業の
真っ最中でした。鉄道ファンからは保存の声が強かったようですが、地元の人から
してみれば、老朽化した危なっかしい橋を残しておく意味はないですからねw
景観はごらんの通りですが、コンクリート橋と鉄橋が両方残っているわずかな期間
のみ見られる光景というのも逆に、面白かったかもしれませんw

続いて国道9号をひたすら西へと走り、次なる目的地・鳥取砂丘です。
鳥取砂丘1
こちらは有名な観光地ですが、私は来たのは初めてです。すっかり晴れてしまって
酷暑の中、砂漠のような所を歩くハメになりました('A`)
鳥取砂丘2 鳥取砂丘3
さすがに有名な砂丘だけあり、日本でもこんな所があったのか~という感じの
光景でした。砂浜と同じような状態でアップダウンがあるので、もう歩きにくい
事この上なかったです。ラクダに乗りたくなりましたよ・・w
他にも日本海岸には海水浴場のようなものが点在しておりましたが、海が綺麗な
割には客が殆どいない!自分が近場に住んでいたら絶対常連となってそうな海
でした。まぁ都会から離れすぎている故の空き具合なんでしょうけどねw

その後、因幡の白兎伝説の残る白兎神社前の道の駅で烏賊づくしの昼食を頂き
ました。うまかった!(´¬`)
さらに車を西に走らせ、大山の麓を抜け(近くで見たら大山でかかった!)、島根県
の安来市にある、足立美術館へと行きました。
足立美術館1 足立美術館2
足立美術館3 足立美術館4
ご存知庭園の有名な美術館ですが、実はこちらも以前来たことがあります。四季で
違った風景が楽しめる庭園のはずですが、よりによって全く同じ時期に・・w
しかし庭園はいつ見ても立派ですね。京都の寺院も立派な庭が多いですが、こちらは
完全に手入れしつくされているイメージです。美術品には横山大観の掛軸が飾って
あり、以前来たときに見覚えのある物だったので、こちらは常設展のようです。

この段階で昼3時半、1日目の予定をすべて終えたので、旅館のある玉造温泉へと
向かいました。旅館には30分程度で到着。玉造温泉の一角は草津のような広さは
ありませんでしたが、大型の旅館が並び温泉街としては充実していました。
予約したところは小さな旅館で、日本風の古い造りを残している所だったのですが
部屋が超広いww(4人で8畳+10畳+縁側×2)しかも自宅1Fの使われていない和室に
雰囲気がそっくりで、恐ろしくリラックスすることができましたw

まず温泉にドボンと入り、湯上りのビール飲み放題!夕方6時までのサービス
なのですが、2時出発してまでして16時に旅館に到着したかった理由がまさに
これですww
調子に乗って晩飯前に、すでに酔っ払い気味となりました。

付近の神社などをぶらっと散策し、夕飯を頂きました。
旅館夕食
食材として高級なものがあったようには思いませんが、この後も色々なものが
出てきて、腹は十分に満たされます。当然こちらでもビールは欠かせません!

その後は、温泉街の中央に流れる川沿いで夏祭りチックなイベントが開かれて
いるようなので見てきました。主に民族舞踊を披露していましたが、安来節と
いうものを見る前に疲れて帰ってしまいましたw

途中のケーキ屋でこんなものを発見!
出雲ンブラン
出雲ンブラン(いずもんぶらん)という、出雲そばに似せたモンブランです。蕎麦粉
まで使っているこだわりよう!中々面白いですが、味はしっかり美味しい
モンブランでした(´¬`)

早朝出発もあったせいか、夜9時過ぎには就寝。爆睡しましたw
朝6時に起きて朝風呂に入り、待っていたのが朝食です。
旅館朝食
こちら日本一の朝食を自負するもので、おかずは普通なのですが、宍道湖名物の
しじみ汁と、奥出雲仁多米コシヒカリの今摺自慢という特殊な保存をしている
ご飯で、この二つが超美味かった(´¬`)朝からご飯4杯くらい頂きましたw

朝8時過ぎ旅館を出発し、まずは宍道湖畔へ。開館前の島根県立博物館の駐車場に
勝手に車を止め、行ってきました。
宍道湖1 宍道湖2
ここまで宍道湖の傍に来たのは初めてです。水がとても綺麗!ちなみに右写真奥
の街が、島根県の県庁所在地・松江です。以前松江に来たときは、我が第二の故郷
である甲府と県庁所在地の田舎具合で唯一対等な勝負ができそうな街だったの
ですが、どうも様子が変わっていました。やはり世界遺産登録等で観光に力を
入れている県と、首都東京に接していながら盆地という天然の要塞となっている県
では違いますね・・・

宍道湖畔は早々に出発し、西へと進むこと約1時間、八百万の神が集うとされる
島根一の観光地、出雲大社へと到着しました。
出雲大社1 出雲大社2
日曜日という事もあってか、さすがに観光客が多かったです。大国主命と因幡の
白兎の像もありました。まぁ以前来た大遷宮の時に比べれば、さすがに人は少ない
ですけれどねw
出雲大社3 出雲大社4
こちらが本殿です。知ってはいましたが、改修中。当然入れません。
東本願寺の改修工事もこんなでしたが、本当に本殿をすっぽりと覆ってしまう
んですね。足場を組むだけとかでは駄目なんでしょうね。
こちらでは長寿祈願と、以前来たときに購入して未だ効果の発揮されていない
縁結び守りに更なるパワーを注入してもらうべく、お祈りしてきましたw

出雲大社の参拝がおわったら、駐車場すぐ脇にある蕎麦屋で昼食です。
割子そば
以前も頂きました、出雲名物の割子そばです。食べ方があるらしいのですが、
私の注文したものは3食割子という味が違う物なので、食べ方に縛られる事なく
自由にお食べくださいというものでした。相変わらず美味かった(´¬`)

出雲大社を出発し、まだまだ西へと進路をとります。約1時間で、今回の旅の最終
目的地である、石見銀山へと到着しました。
石見銀山1 石見銀山3
世界遺産センターという所に車を停め、路線バスで銀山公園の入り口へ。
目的の龍源寺間分まで、約2.5km歩きます。バス停の傍には右写真にある、五百羅漢
という石窟に仏様やお地蔵様が祀られた所がありました。こちらは銀山で
亡くなった方々を供養するための物らしいです。

約40分歩き、間分の入り口へと到着しました。
石見銀山2
造りは明らかに人力で掘られたであろう狭さでした。灼熱の外に比べて地下水の
流れる部分にも繋がっている地下坑道は、非常に涼しいです。一般公開されて
いる坑道以外にも、永久坑道を呼ばれる行動が幾重にも掘られており、ものすごく
洞窟探検してみたい気分になりました。迷ったら助からなさそうですが・・w

間分をぐるっと見て、再び歩いてバス停まで戻り、バスで駐車場まで戻ったのが
昼3時半頃。無事全行程終了ですが、汗をびっしょりかいてしまったので急遽
近くの温泉に寄ることに。石見銀山からそのまま日本海側に出たところにある、
温泉津(ゆのつ)温泉へと行きました。
玉造温泉と違って途中の道が大変狭く、旅館も小さな民宿が立ち並んでいる
雰囲気でした。軒数はかなりありましたけどねw
入ったのは銭湯のようなところで、体を洗うところはありませんが汗を洗い流す
には十分でした。ただ伊香保のような硫黄泉で、飲泉可ではあったのですが
飲んだ結果ひどいことに・・w

温泉津を4時半頃出発し、江津ICより山陰道へ。浜田JCTから浜田道を南に
折れたあたりで、予想していなかった渋滞にひっかかってしまいました。
位置的にはまさに家から一番遠い場所にいるはずなのに・・(´д`)
結局1時間程の時間をロスし、広島の七塚原SAで夕食を取ったのが夜8時頃、
休憩を多めに取り、神戸~吹田の渋滞もあってないような状態で通過でき、
京都の手前あたりで12時を回りました。
結局家に帰りついたのは深夜の2時頃。出発したのも2時なので、ちょうど48時間
プランになった事になります。

過酷な旅でしたが、山陰は旅行するには良い所だというのを再認識です。
住むのには不自由しまくりそうですけどねw
ただ、あらかたの観光地は回れた為、そうそう行く機会もないかもしれませんw
(行くとしたら出雲大社の遷宮の祭りか、大山登山あたりか)
来週はさらに過酷と思われる東北の旅が待っているので、それまではゆっくり
していようと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/08/09(月) 10:48:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://metalslime.blog43.fc2.com/tb.php/399-24d88a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。