夢と現の境界
お出かけ三昧!自称多趣味なアウトドア人間の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10/2~5 九州旅行・後半

先日10月2日から5日にかけて3泊4日で、九州まで旅行をしてきました。
今回の記事はその後半になります。
前半と違って天候にも恵まれ、九州の自然を満喫できました♪

詳しくは追記にて!


三日目は移動距離がかなり長いので、朝8時にホテルを出発です。まず最初に
夜しか行かなかった高千穂神社へ、改めて参拝です。
高千穂神社1 高千穂神社2
前夜には随分とおちゃらけ神楽を見せられた神社ですが、朝にはしっかりと荘厳な
雰囲気を漂わせていました。参拝を済ませ、東へと車を走らせます。

海岸沿いの延岡まで出たら、国道10号をひたすら南下です。宮崎県は南北に
延びる高速が無いので、ここが非常に不便!東国原知事が頑張っていたのも
納得できます。
天気がすっかり良くなった上に、南下するにつれて南国の雰囲気漂う宮崎県です。
逆に暑くなってしまい。真夏の服装になりましたw
道の駅日向1 道の駅日向2
途中にあった、道の駅日向(ひゅうが)です。今回トイレ休憩の為に寄っただけ
ですが、こちら日向夏という夏みかんが有名なので、またゆっくり頂ける機会が
あるといいですね。

さらに南下し、高千穂を出発してから約3時間半、ようやく宮崎市街へと到着
しました。こちらの目的は当然、国内最高級ブランドである、宮崎牛です!
大淀川沿いにある宮崎観光ホテル内の、みやちくというお店へ。
ブロンコビリー的な感覚で、ジーパンにTシャツで入店したのですが・・
みやちく1 みやちく2
うはっ、これはすごい!!!
シェフが目の前の鉄板で披露してくれるステーキ屋は、行った事がありません。
ステーキは当然の事ながら、前菜やサラダ・デザートまで目の前の鉄板で調理
してくれます。これでランチは2000円からという破格。
私は宮崎牛ロース150g(A4等級らしい!)で4000円というコースを注文。最初は
ランチで4000円はかなり思い切った感じでしたが、これはもう、たった4000円で
いいの!?という考えにすぐに変わりました。これ名古屋で食べようとしたら、
余裕で倍の8000円~10000円はかかります。
みやちく3 みやちく4
味は言うまでも無く最高(´¬`)溶けるような肉の食感がたまりません!
今回の旅の食の中では間違いなくMVPです。
宮崎の他には東京の銀座にしか無いのが残念ですが、これ近くにあったら
定期的に行ってしまいそうですねw

昼食に舌鼓を打った後は、市街からさらに南下し、青島へ。こちらには橋を
渡った先に青島神社というものがあるという事で、行ってきました。
青島神社1 青島神社2
青島神社3 青島神社4
島全体を熱帯雨林ぽい樹木が取り囲む変わった島でした。神社自体はそこまで
大きいものではありませんでしたが、右上の写真に示す、鬼の洗濯岩という独特の
海岸地形が印象的でした。

まだまだ進路を南にとり、ついに日南市へ。海岸の切り立った崖にある、鵜戸神宮
という所へと向かいました。
鵜戸神宮1 鵜戸神宮2
鵜戸神宮3 鵜戸神宮4
神宮というだけあってかなり立派でしたが、それ以上にまた凄い所に建てたなと
いう印象が強いですw 青島と違ってかなり波が高く地形も険しかったです。

二日間に渡った宮崎県の行程はこれにて終了し、鹿児島県を目指します。
国道222号にて都城市を抜け、峠を越えること約2時間、鹿児島県霧島市へと
到着しました。もう夕方5時くらいになっていましたが、三日目の最終目的地
である霧島神宮へ。
霧島神宮1 霧島神宮2
平日のさらに夕暮れ時という事もあり空いていましたが、かなり立派な神社
でした。霧島山の中腹に位置し、眺めも抜群。久しぶりに物静かな神社での
参拝をする事ができました。

三日目の行程を終え、最後の旅館は霧島温泉の旅行人山荘という所です。
口コミでは食事は並との評価でしたが私的には全く不満無く、好評価だった
風呂に関しては、なるほど納得です。特に露天風呂の貸切は良かったですね~。
山奥の静かな温泉地で、ゆっくりと旅の疲れを癒すことができました。
唯一驚いたのが、野生の鹿がちょくちょく現れるのですが、この鹿の鳴き声が
人間の女性の悲鳴にそっくりな事。最初聞いたときはかなりびびりましたw

最終日起床すると、旅館の窓から鹿児島の代名詞とも言える、桜島をうっすらと
見ることができました。
霧島景観2
中央奥にうっすらと見えるだけですが、本当に天気が良いと薩摩半島南端の
開聞岳まで見える事もあるそうです。

旅館を出発して九州自動車道へ。加治木JCTより鹿児島を抜けてさらに南下し、
知覧へと向かいました。こちらの目的地が、知覧特攻平和記念館です。
知覧
記念館自体は撮影禁止だったので外に展示してあった訓練機を撮影。記念館の
中には隼や疾風などの戦闘機も展示されていました。
知覧は特別攻撃隊の前線基地があった所であり、その記録が生々しく残されて
いました。色々考えさせられると同時に、平和の有難さを実感できましたね。

この後はさらに南東へと向かい、今回の九州旅行の目的地で一番南に位置する、
指宿温泉へと到着です。指宿といえば当然、砂むし風呂ですね!
砂楽
という訳で指宿温泉街の比較的北の方にある、天然砂むし温泉「砂楽」へ。
浴衣に着替えて熱された砂に埋まるのですが、時間は約10分との事。
10分なんてケチくさいな~と思いながら入ったのですが、なるほどこれは、10分
が限界です。顔だけ出ていて風が吹くと涼しいのですが、基本サウナに入りっ放し
と同じな上、砂の重量感で身動きはほぼ取れません。砂風呂から上がった時には
全身汗びっしょりでしたw
その後は普通の温泉で汗を流します。指宿温泉は本当に海岸沿いにあるのですが、
海水がただ熱されて出てきているのではなく、れっきとした温泉らしいのです。
今回の旅で、何回温泉に入ったんだろうか・・w

あとは再び薩摩半島を北上し、帰路へと就きます。鹿児島市内に戻った所で
昼食として黒豚トンカツを頂きました。うまかった!(´¬`)
そして間髪を入れずにスイーツの店へw 鹿児島で有名な「白熊」という氷菓子
があるのですが、その発祥の店を探し当て、入ってみる事に。
白熊1
こちらがその「天文館むじゃき」というお店。どでかい白熊の置物ですぐに分かる
のですが、なんと中華料理屋だったとはww
黒豚で満腹でしたが、ベビーサイズではここまで来たのに勿体無いと思い、勇んで
レギュラーサイズを注文してみると・・
白熊2
で、でかい!(゚д゚)
写真では分かり難いですが、相当な大きさです。水曜どうでしょうでも大小2種類
が登場していまいしたが、どうやら大きい方が普通サイズだったようですorz
そしてたっぷりの練乳が効いて、実に甘い!フルーツも多く味は良いので
美味しく頂けたのですが、甘いものは別腹の概念の無い私にとっては、終盤は
フードファイト状態でした。

満腹になった所で、鹿児島市の北部に位置する庭園・仙巌園へ。
仙巌園1 仙巌園2
こちらは薩摩藩主の島津斉彬をはじめとする歴代島津家当主の別邸という事で
庭園の他にも歴史的な背景のあるお屋敷が残っていましたが、特に印象的だった
のが、この庭園から望む桜島の雄大な景観です。
九州旅行の最後に相応しい、最高の1枚を撮ることができました(´ー`)
桜島

この時点で、今回の旅行の全行程が終了です。そのまま鹿児島空港まで戻り、
レンタカーを返却しました。借りたのは福岡ですが、九州内なら乗り捨て可
だったので、あらかじめそのプランでした。これは便利だった!
19時鹿児島発の飛行機(今回はちゃんとジェット機でした)にて20時半には
中部空港着、途中で夕食を取って帰宅しました。

年に1回ペースで行っている大規模旅行ですが、今年も無事に終えることが
できました。やはり行ったことのない、そして日帰りや1泊では絶対に行く
事のできない土地に行くのは、心が躍りますねw
今日1日休んで、また1年間頑張る気力が湧いてきましたヽ(´ー`)ノ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/06(水) 09:24:22|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://metalslime.blog43.fc2.com/tb.php/403-f501e0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。