夢と現の境界
お出かけ三昧!自称多趣味なアウトドア人間の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5/14~15 伊豆

先日、一泊二日で伊豆まで旅行へ行ってきました。伊豆は大昔に伊東まで行った事
があるらしいのですが、記憶がおぼろげである上に伊豆半島の付け根辺りに位置
するので、伊豆半島たっぷりコースは事実上初めてです。

褒めるという事を滅多にしなかった祖父が生前、数少ないお勧めの温泉として挙げて
いたのが、伊豆・大滝(おおだる)温泉。去年あたりからどこかで行こうと思っていた
のですが、目的の旅館のお得プランとこちらの日程が合わず、ようやく今回決行の
運びとなりました。

今の私の行動範囲からすれば、伊豆は近いです。しかし未踏の地だけあって色々な
新しい景色にめぐり合うことができました。詳しくは追記にて!


まず朝、4時出発です。渋滞回避&行程的に、朝には静岡に着かねばなりません。
幸い大した渋滞もなく7時半頃に沼津へ到着。まずは沼津港へ向かい、朝食です。
かき揚げ丼
沼津港にある、「丸天」というお店。以前友人の結婚式の帰りに寄ろうとし、混み過ぎ
で断念した事のある所ですが、さすがに朝は大丈夫でした。
本来海鮮丼あたりを注文したかったのですが、こちらの売りがかき揚げ丼という事
だったので、折角だからということでそちらを注文してみると・・・
(゚д゚)
上記の写真の有様です。トイレットペーパーくらいの太さのかき揚げの塔が
ご飯の上に立派に聳え立っておりました。当然揚げ物なので、朝から重過ぎます。
気合と根性で完食しましたが、しばらく吐き気が続いたのは言うまでもありません。
あ、味の方は海鮮かき揚げなので、美味しいです。半分くらいまでは美味しく
頂けました。大人数で突っつくくらいがちょうど良いのかもしれませんね。

朝食後は国道414号→県道17号を通り、伊豆半島の西海岸を南下します。
最初に寄ったのは、大瀬崎から南に程なく行った所にある、煌めきの丘です。
煌めきの丘1 煌めきの丘2
沼津港からけっこう来たと思ったのですが、ここもまだ沼津市のようです。
けっこう大きいんだな沼津市・・・
こちらは駿河湾の奥に富士山が見えるスポットとして有名らしいのですが、今回は
靄がかっており、はっきりとは見えませんでした。一応右写真中央部に、うっすらと
富士山の冠雪部分が写っています。肉眼だともう少しちゃんと見えたのですが・・w

さらに南下し、伊豆市の最西端である土肥(とい)へ。こちらに日本一の花時計が
あるとの情報があったので、見にきました。
花時計1
こちらがその花時計でしょうか。確かに時計は巨大ですが、花の季節は残念ながら
過ぎていたようで、見栄えとしては微妙な感じでした。
しかしながらこの土肥、温泉地としては大きく、公園の脇に足湯もありました。
時間的に余裕があれば、是非入っていきたかったところです(´ー`)

続いて国道136号を南下、恋人岬という所へ行きました。
こちら、駐車場から岬まで割と歩かされます。
恋人岬1 恋人岬2
とても眺めの良いスポットです。富士山もまだ見えます。どの辺が恋人かは分かり
ませんでしたが、鐘もあるし、そういった層をターゲットにした観光地なのでしょう。
写真の通り、オバチャンしかいませんでしたが。

まだまだ伊豆半島の西海岸を南下します。岬巡りは続きますw
続いて黄金崎という所へ。一気に地形が険しくなりました。
黄金崎1 黄金崎2
この辺りまで来ると、海の綺麗さが際立ちます。海というと日本海側を思い浮かべ
がちですが、伊豆にもダイビングスポットも数多くあり、海のレジャーには困らなさ
そうですね。夏本番になったらまた来たいと思いました。
ちなみにこの黄金崎、夕陽がとても映えるスポットらしいのですが、そんな時間帯
にはとても来られませんw

さらに南下、続いて堂ヶ島海岸へ。
堂ヶ島
こちらは潮が引くと陸続きになる島です。時間調整をしている余裕も無く、また風が
とても強かったので遊覧船も全てお休み。この場所から眺める事しかできません。

散々西海岸の岬巡りをした後は、一気に南下します。岬巡りの最後は当然、
伊豆半島南端に位置する、石廊崎(いろうざき)です。
石廊崎1 石廊崎2
石廊崎3 石廊崎4
和歌山県最南端の潮岬に行った時にも思ったのですが、半島の先端に行けば行く
程、街も何もなくなってきます。代わりに切り立った自然の風景がそのまま残されて
おり、実に壮観です♪
洞窟内に神社もあり、こちらは宮崎県の鵜戸神宮を思い出させるものでした。
いやー本当に、海が綺麗だ(゚∀゚)

南端を過ぎてもまだ海岸沿いに車を進め、下田へ。まずは昼食として下田バーガー
なる物を道の駅で食します。当然、朝食のかき揚げがまだ胃にもたれかかっている
のでまともな食事はできませんが、このバーガーは中々の美味でした。
金目鯛のフライが良い味出してます。久々にジャンクフードでないバーガーを
食べられた気がしました。
そして下田といえば、こちら。
来航記念碑
ペリー艦隊の来航記念碑です。何故こんな田舎に来航したのかは分かりませんが、
街には確かに外人の姿も多く、港町としてはけっこう栄えている印象でした。
旅館はさびれ気味でしたけどね。ちょっとここまで来ると、遠すぎます。

海岸沿いを満喫した後は、国道414号にて一気に山の中へ。河津七滝という所へ
向かいました。三重の赤目四十八滝に比べるとすでに名前負けしていますが、
その分一つ一つの滝は見ごたえのある物でした。
町営駐車場に車を停め、バスで一番上まで上がり、歩いて順番に下ってくる
コースをとる事にしました。
釜滝
まず最初の滝である、釜滝です。ちょうど台風が過ぎた後だったせいか、水量が
やたらと多いです。近寄っただけでしぶきでずぶ濡れになりますw
河津七滝1 河津七滝2
河津七滝3 河津七滝4
他にも、かに滝、えび滝、出会滝などありましたが、どれがどれだか分からなく
なったので、写真だけ添えておきます。
全部見るのに約45分~1時間程度。今日は一日よく歩いた・・・
ちなみにバスの運転手さんの話では、震災の影響は伊豆でもかなり大きく、震災
直後は平日の客はほぼゼロ、今でも外人(主に中国)の客は殆どいないそうです。
我々は自粛しないで正解でした(´ー`)

初日の全行程を終え、旅館である大滝温泉・天城荘へ。七滝のすぐ傍でした。
天城荘1 天城荘2
この界隈では一番大きな、立派な旅館です。こちらの目玉はなんと言っても、大滝
を見ながらの露天風呂です。大滝は一般の人にも開放されているので、風呂に
入っている所を見られます。また混浴なので、水着着用との事でした。
早速部屋に荷物を放り出し、温泉へと向かいました。
大滝
七滝の中でも一番大きい落差約30mの大滝、これを見ながら入れる露天風呂は
格別です。これは他のどの旅館でも真似できるものではないでしょう。
風呂の数も全部で20種類以上。全部入れる筈もありません。那智勝浦で行った
ホテル浦島の6種類ですら、無理だったのですからねw
そしていくら水着着用といえど、やはり女性の姿はまばらです。私は何も抵抗
なく、ゆっくりと温泉を満喫する事ができました♪

食事後は、朝早かった事もあり夜9時頃に撃沈です。殆ど覚えていません・・

明朝はゆっくりめに朝9時に旅館をチェックアウト。国道414号を北上します。
途中天城峠を越えました。天城越えです。車で通っても険しい山道だったのに、
その昔伊豆の踊り子はあれを歩いて越えたのでしょうね。感服です。
ちなみに天城山も日本百名山の一つ。いつかは登頂してみたいのですが、山自体
には人は登れるのでしょうか?

しばらく進み、浄蓮の滝という所に寄りました。
浄蓮の滝
大滝に勝るとも劣らない、立派な滝でした。付近には山葵が栽培されており、いかに
水が綺麗な清流かを実感します。

さらに北上を続け、到着したのが伊豆屈指の有名な温泉地である、修善寺です。
修善寺1 修善寺2
こちらはまず修善寺を参拝して、付近をぶらぶらしていました。お土産屋も多い
ので土産の物色もしますw
ちなみにこちらの修善寺、源頼家が北条時政に暗殺されたという伝説が残って
いるようです。知多半島の野間のほうにも、似たような伝説があったような気が
しました。詳しくは覚えていませんが。
竹林の小径1 竹林の小径2
散策の途中にあった、竹林の小径です。京都の詩仙堂を思い出しますね。
お土産には黒ごまペーストのお饅頭を買いました。東京銘菓ごまたまごの、
お饅頭バージョンですw

伊豆半島に別れを告げ、いよいよ旅行行程も終盤、三島へと向かいました。
まずは柿田川湧水群という所。湧水というくらいなので山間部を想像していたの
ですが、あったのは何と国道1号沿いではありませんかw
柿田川湧水群1 柿田川湧水群2
それでも公園はきれいなものでした。遊歩道もあり、小規模な上高地といった感じ。
ここは○○に似ている、といった発想がすぐ浮かぶあたり、色んな所に行きすぎ
遊び過ぎを実感しますorz

最後に寄ったのが、三島大社です。こちらに来たのも初めて。
三島大社1 三島大社2
神宮と名の付く所程ではありませんが、大きくて立派な神社でした。こちらも軽く
参拝を済ませ、帰宅の途に就きます。

帰りの東名は大変運が良く、万年渋滞エリアの岡崎~豊田付近も全く渋滞無しで
帰ってこれました。途中富士川SAにて、前日は靄がかっていた富士山がとても
きれいに見れたので、写真を撮ってきました。
富士山
およそ半年前にはあの山の頂から、富士・沼津の街そして伊豆半島全域を
見下ろしていたと思うと、軽く優越感に浸れます(´ー`)その時の記事はこちら

仕事が以前の忙しさを取り戻すにはもう少し時間がかかりそうですが、土日は
しばらくやる事も多そうだし、6月末にはさらに大型の旅行計画も入っているので、
そちらを目標に頑張っていきたいと思います。
夏は近いです。山!海!楽しみですね~♪

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/05/16(月) 11:09:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://metalslime.blog43.fc2.com/tb.php/417-11130c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。