夢と現の境界
お出かけ三昧!自称多趣味なアウトドア人間の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6/23~27 北海道・後編

先日6月23日~27日まで、北海道へ旅行へ行ってきました。
後編では、3日目から最終日までの三日間をご紹介します。

悪天候の影響で思うように観光ができなかった前半二日間に比べ、晴天が
戻ってきた後半の日程では写真も映えました。
詳しくは追記にて~♪


三日目の朝は阿寒湖のホテルを出発し、運転すること10分程度。
まず最初に寄ったのが雌阿寒岳の麓にある小さな湖、オンネトーです。
オンネトー1 オンネトー2
晴天だと本当に湖が透き通っているのがよく見えます(´∀`)
阿寒湖の周りには他にもパンケトー・ペンケトーと呼ばれる変な名前の湖がある
のですが、元は阿寒湖と同じ一つの湖だったらしいのです。それが地形の変化に
より複数の湖になったとの事でした。こっちにも毬藻はいないのかな?

オンネトーを見終わったら、一気に移動を開始します。ひたすら南西に向かい、
足寄から道東自動車道へ、音更帯広ICから下道へ降り、一旦帯広市街に
寄りました。目的は北海道銘菓として白い恋人に並ぶ名店・六花亭です。
写真は取り忘れましたが、ばっちりお土産を購入しました!

再び道東自動車道に入り、次は十勝清水ICから下道へ、そのまま北上し、
昼食を取るために新得へ向かいました。
新得そば1 新得そば2
こちらが新得そばの館で、お勧めであった天ぷらせいろを頂きました。
蕎麦といえば信州長野が有名ですが、蕎麦の生産量自体は北海道の方が上で、
その北海道の中でもこの新得が蕎麦で有名な所との事でした。
確かに面積だけはひたすら広い農地に綺麗な水、農作物で北海道には勝てる
気はしないですからねw

昼食後はひたすら西を目指します。もう高速は使わず、国道にて日高山脈を
越えていきます。途中の峠道にて、眺めの良いスポットがありました。
日勝峠1 日勝峠2
十勝と日高の境にある、日勝峠です。峠道なのに本州の岐阜・長野にある道
とは大きく違い、スピードを一定に維持したまま走り続けられます。邪魔なバスや
トラックも多いですが、登坂車線もしっかりとってあるので安心です(´ー`)
しかしひたすらに距離が長い・・・夕張で再び道東自動車道に乗るまで新得から
約2時間、さらに道央自動車道を乗り継ぎ、北広島ICから国道へ。
一気に街中の様相になり、満足に飛ばせなくなった道路を北西に走らせ、夕方には
羊が丘展望台へと到着しました。
羊が丘展望台1 羊が丘展望台2
こちらが有名なクラーク博士の像がある公園です。お土産売り場もありました。
本当は広い公園で、それなりに入場料も取られるのですが、我々は時間も押して
いるのでこの像だけ見たら、早々に立ち去りました。

さらに北に車を走らせ、札幌市街へと入っていきます。当初行く予定ではなかったの
ですが、通り道だからと寄ることにしたのが豊平区平岸にある小さな公園。
平岸高台公園1 平岸高台公園2
平岸高台公園です。水曜どうでしょうの枠撮りが行われる公園です。本当に見たまま
の公園だったので感動しましたが、思ったより小さな公園でした。すぐ脇にはHTBの
建物が見えています。HTBの建物前や公園の奥の方まで行ってみたかったのです
が、こちらの公園には駐車場が無く路駐状態だったので入口での写真撮影だけ
済ませて出発しました。
私が訪れた時は静かな公園でしたが、撮影の際には5,000人ほど人が集まる
そうです。公園だけでもそんなに入らない気もしますが・・w

札幌駅前にあるホテルにチェックインを済ませ、部屋に荷物を置いてからは
札幌市街の観光です。駅と道庁をまず見に行きました。
札幌駅 北海道庁
そして、札幌のランドマークと言えば、ご存知時計台です。
時計台
ビルの間にひっそりと佇んでいるので、うっかりしていると見逃しますw
さすがにこの周りは写真撮影している人が多いですが、大通公園~テレビ塔や
すすきの周辺は我が地元・名古屋と被りまくりな感じだったので、特に印象的な
ものはありませんでした。
すすきのでHTBショップに寄りお土産を調達した後は、キリンビール園にて夕飯
でした。メニューは当然、ジンギスカン!飲みの後には札幌味噌ラーメンの
店にも入り、死にそうな程満腹してホテルへと戻りました。

四日目は朝出発してから、道央自動車道を北に進みます。札幌から約2時間で
旭川へ。北海道観光でいまや定番となっている、旭山動物園へ行きました。
旭山動物園1 旭山動物園2
旭山動物園3 旭山動物園4
旭山動物園5 旭山動物園6
ここは広さ自体はそこまで大きくなく、2時間もあれば十分見て回れる程でした。
しかし動物はアクティブな物が多く、カメラを構えると近寄ってきてくれるなど
サービス精神旺盛で、なかなか見ごたえがありました。
しかしやはり定番なのか、修学旅行らしき高校生の集団が多い!騒がしい!
もぐもぐタイムなど動物の食事を間近で見せてくれるなどのイベントも定刻ごとに
ありそうでしたが、時間的都合によりぐるっと一周見てそのまま出発しました。

昼食として旭川ラーメンを食べて、そのまま国道を南下します。30分くらいと近い
感じでしたが、美瑛に到着しました。
ぜるぶの丘1 ぜるぶの丘2
こちらは花畑が広がっていたり、景観が良くCMに用いられたことのある風景が
広がる田園地帯で、道東がそのままの自然を味わう場所なのに対し、こちらの
美瑛は造られ整えられた自然の風景を楽しむ場所といった印象でした。
ケンとメリーの木
ぜるぶの丘の次に行ったのがこちら、ケンとメリーの木だそうです。ただのポプラの
老木ですが、以前日産のスカイラインのCMに用いられた風景だそうです。
マイルドセブンの丘
こちらはそのまま、セブンスターの丘です。他にもマイルドセブンの木という
所もあり、煙草のCMでも多く用いられているようでした。
クリスマスツリーの丘 哲学の木
左がクリスマスツリーの木、右が哲学の木です。こちらはCMで用いられた訳では
ありませんが、一本の特徴的な木が佇む姿を楽しむ所らしいです。
この季節では全く感動がありませんが、冬のあたり一面雪原の中に木が一本
立っている写真を見たとき、ようやく良さが理解できました。
まぁ実際冬にここに行くのは、本土の人間では無理でしょうねw
四季彩の丘
こちらは四季彩の丘という花畑の広がる展望台です。展望台は木がぽつんと立って
いる所と違って駐車場がちゃんとあるので助かります。他にも新栄の丘展望台という
所にも寄りました。高台なので奥に大雪山系から昨日越えた日高山脈まで一望
する事ができます。晴れててよかった(´∀`)

美瑛の自然を満喫した後は、さらに国道を南下、富良野まで行きました。
富良野といえばイメージするのはラベンダー!という事でファーム富田という所へ
行きました。
ファーム富田1 ファーム富田2
美瑛と同様、お花畑は綺麗です。しかし見頃が七月からとされている肝心の
ラベンダー畑は、残念ながら右写真の状態でした。まぁ逆の考え方をすれば
ラベンダー最盛期に富良野などに来てはどこも大渋滞・大混雑でホテル代も
ボッタ値を取られることは間違い無いので、それを回避したという意味ではちょうど
良かったのかもしれませんがw
仕方ないのでラベンダーの香水だけ購入しました。今富良野はメロンにも力を
入れているらしく、富良野メロンという赤肉のメロンが新興ブランドとして売り出され
ていました。ここでは買いませんでしたけどね。

四日目は富良野のホテルで一泊です。プチホテルでシーズンもわずかに外した
ことが功を奏し、知床や阿寒湖のように修学旅行に巻き込まれることも札幌の
ように街中のホテルでもなく、静かな時間を過ごすことができました(*´-`)

最終日である5日目は特に観光地としての目的地は無いので、富良野を出発して
南に向かいます。一旦国道452号まで出て、桂沢湖を眺めながらさらに南下、
最後に寄ったのが、半分ゴーストタウンと化していた夕張の町です。
日本初の財政破綻した自治体というイメージが強いのですが、やはり住民の
流出は避けられなかったというところでしょうか。駅前通りといえど生活感の
少なさには驚きでした。炭鉱博物館もお休みのようです。
しかしこの夕張もいまだに日本一のブランド力を誇る物、夕張メロンです。
夕張メロン城という所に寄ってみました。
メロン城
メロン城自体はただのワイン工場です。すぐ隣にお土産の販売所もありました。
市街地を抜けてきたときは、絶対営業していないだろうと思っていたのですが、
やっていたので良かった(´∀`)
こちらで最後のお土産調達をしました。自宅用にはメロンをしっかり郵送しますw
しかし一玉約3,000円と、夕張メロンのブランド力は容赦ないですね・・

夕張から西に数km移動し、長沼町という所へ。このエリアで一番人気となっている
うどん屋へ行きました。
ほくほく庵
元は札幌市街に店があったらしいのですが、店舗を広くするためにド田舎の長沼町
に移転したらしいです。しかし以前からの評判は健在で札幌市街からも客が来る
らしく、開店早々に入ったはずなのですが、程なくして満席になっていました。
私が注文したのはこの天ざるうどん。迂闊にも大盛を注文してしまったせいで
激しい量が出てきてしまい、途中から満腹感との勝負でした。うどんなのに・・w
しかしコシはしっかりしていて、これは美味しい!

昼食後はそのまま南下し、千歳空港へ。五日間お世話になったレンタカーを返却し、
千歳空港で時間を潰しました。しかしこの空港の凄い所は、北海道中の土産が
全てここで手に入ります。知床の土産も阿寒湖の毬藻も六花亭もHTBショップも
全て売っていましたw私はもう土産の調達は全て終えていたので、こちらで買う物
は無かったですけれどね。

千歳空港を出発して1時間45分でセントレアです。現実に引き戻されるには
早すぎる時間にも感じました。そして空港から降り立った瞬間、完全に忘れ去って
いた熱気に体を包まれました。「暑っ!」当然の一言が口から漏れますw
知床~阿寒はまさかの最高気温10℃、札幌ですら最高気温が22℃程度と
名古屋の最低気温にすら及びませんからね。

今までも3泊4日の旅行は毎年行ってきましたが、4泊に増やした今回は何故か、
今までより短く感じました。充実していたせいか、移動が大部分だったせいかは
分かりませんが・・w
北海道は今回まだ道北と道南は行っていません。道北に行くかどうかは分かり
ませんが、道南・函館には機をみて近いうちに行ってみたいとは思います。

今回はっきりした事は、北海道行くなら道東です。札幌は微妙でした。
自然に触れ合う旅の方が、私には合っていましたね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/06/29(水) 21:23:07|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://metalslime.blog43.fc2.com/tb.php/423-f23b09a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。